日本老年医学会雑誌
Print ISSN : 0300-9173
短報
療養型病床で非流行期に発生したインフルエンザ集団感染を制御し得た経験
織田 雅也大石 歩美西本 ゆう子高杉 洋子亀岡 真理子伊藤 聖和泉 唯信
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 54 巻 4 号 p. 589-591

詳細
抄録

6月初旬という非流行期に療養型病床で計4名のA型インフルエンザの集団感染が発生した.抗生剤に反応しない初発者に続いて同病室の2人目の発熱者が発生した時点でインフルエンザの可能性を疑い迅速抗原検査を行い,感染対策を厳密に実施することにより拡大すること無く最短期間で終息した.高齢者療養施設において,発熱者が続発するパターンによっては,非流行期であっても流行性感染症の可能性を疑い対策する必要がある.

著者関連情報
© 2017 一般社団法人 日本老年医学会
前の記事 次の記事
feedback
Top