日本老年医学会雑誌
Print ISSN : 0300-9173
認知症との共生の鍵となる取り組みの最前線
5.認知症に対する非薬物的療法とそのエビデンス
大沢 愛子前島 伸一郎
著者情報
ジャーナル フリー

2020 年 57 巻 1 号 p. 40-44

詳細
抄録

認知症に対する非薬物療法は,薬物療法と対をなし,MCIから重度の状態まで,様々な病期において実施可能な治療法である.また,非薬物療法では,患者本人へのアプローチのみならず家族へのアプローチも可能であり,家族にとっても意義のある治療法である.本稿では認知症に対する非薬物療法の原則を述べ,その後,代表的な非薬物療法を紹介しながら,そのエビデンスについて説明を加える.

著者関連情報
© 2020 一般社団法人 日本老年医学会
前の記事 次の記事
feedback
Top