地理学評論 Series A
Online ISSN : 2185-1751
Print ISSN : 1883-4388
短報
竹林の分布拡大過程における土地利用履歴の影響
――広島県竹原市小吹集落の事例――
鈴木 重雄
著者情報
ジャーナル フリー

2010 年 83 巻 5 号 p. 524-534

詳細
抄録

日本各地で人間による樹林地の利用圧の低下や竹林管理の粗放化に起因する竹林の拡大が報告されている.本研究では,広島県竹原市小吹集落において,最近40年間の,たけのこの生産状況の変化と竹林化の生じた土地利用に着目し,竹林の拡大した要因を検討した.その結果,竹林面積は1962年から2000年の間に2.6倍に拡大していた.たけのこ生産が盛んに行われていた1986年以前だけでなく,国内産たけのこの需要が低迷し,高齢化等によりたけのこ生産が衰退した1986年以降の期間も,竹林の拡大は継続し,特に畑と樹園地で急激に竹林化が生じていた.1962年から2000年の竹林拡大のうち36%が1962年の農地で生じており,耕作放棄や竹林への転換がなければ起こらなかったと推測できた.竹林は所有者による植栽終了後も竹林管理の粗放化により拡大していた.加えて,竹林に隣接する農地の耕作放棄により拡大しやすい空間が生じたことも,急激な拡大に影響していることが明らかとなった.

著者関連情報
© 2010 社団法人日本地理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top