地理学評論 Ser. A
Online ISSN : 2185-1735
Print ISSN : 0016-7444
相模野台地・武蔵野台地を刻む谷の地形
風成テフラを供給された名残川の谷地形
久保 純子
著者情報
ジャーナル フリー

1988 年 61 巻 1 号 p. 25-48

詳細
抄録

南関東の相模野台地・武蔵野台地に分布する谷の地形・地質を比較検討し,これらの谷の形成過程について考察した.
相模野・武蔵野をはじめとする関東平野の台地には,台地上に厚い風成テフラをのせるものが多い.これらの台地では現在までの数万年の間,テフラの問けつ的な降下と,台地に流域をもつような小さい川の侵食・運搬作用が同時に進行していたと考えられる.このような堆積(テフラの降下)と侵食・運搬作用(谷の成長)の積分の結果が現在の相模野・武蔵野台地の谷地形であること,すなわち,礫層を堆積させた過去の大河川の名残川が降下テフラを流し去ることによって谷を形成したことを,相模野および武蔵野台地の各時代の面を「刻む」谷の地形・地質を比較することにより導き,谷の形成過程を説明した.

著者関連情報
© 公益社団法人 日本地理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top