宝石学会(日本)講演会要旨
2019年度 宝石学会(日本)講演論文要旨
会議情報

2019年度 宝石学会(日本) 一般講演要旨
ユーパーライト(Yooperlite)蛍光の起源
*荻原 成騎
著者情報
キーワード: fluorescent, Sodalite, Yooperlite
会議録・要旨集 フリー

p. 16

詳細
抄録

Yooperlite とは、2017 年の夏に Superior 湖の湖岸にて発見された“紫外線蛍光を示す石ころ”である。Yooper とは、発見された場所である Michigan 北部の Upper Peninsula、略して U.P. に由来する。Yooperlite の紫外線によるオレンジの蛍光は、まことに麗しく神秘的であり、パワーストーン愛好者を魅了している。岩石学的には、Syenite の円礫で、蛍光の原因は Sodalite である。蛍光する Sodalite について、特に区別して Hackmanite と呼ぶことがある。Greenland や MontSaint-Hilaire、コラ半島などからの産出が知られるが、いずれも母岩は Syenite である。これらの Hackmanite 蛍光の原因として S や Be が指摘されている。岩石学的には、珍しい石ではない。本研究では、薄片観察に基づき、Sodalite の産状を記載し、XRD による結晶学的特徴付け、EPMA および LA/ICP-MS による主成分/微量成分分析により蛍光の起源を明らかにする。Yooperlite は湖岸に転がる石ころの中でも稀な石であり、現在ではほぼ取り尽されている。そのため現地調査は行っていない。Yooperlite は氷河堆積物中の円礫であるため、礫の母岩である Syenite の産状は見ることはできない。

顕微鏡観察に基づく Syenite の特徴は、nepheline を欠くことである。Nepheline については、XRD からも検出されなかった。顕微鏡観察から、Sodalite は matrix を充填しており、もともと nepheline があった場所に置換して分布しているように見える。Sodalite が matrix の Nepheline を置換していると考えると、Sodalite の成因は、単純に Nepheline とアルカリの反応

3NaAlSiO4 + NaCl → Na4Al3Si3O12Cl

(3Nepheline + NaCl →Sodalite)で説明できる。

本研究における Sodarite の分析の結果

格子定数 a=8.8594(49)

組成 Na3.49Al3.15Si3.07O12Cl1.22

発表では、Sodalite 中の蛍光に関与している微量元素組成について言及する。研究で用いた Yooperlite は、Mr.Stone 吉田様から提供された。

質問などは ogi@eps.s.u-tokyo.ac.jp まで

著者関連情報
© 2019 宝石学会(日本)
前の記事 次の記事
feedback
Top