宝石学会(日本)講演会要旨
2019年度 宝石学会(日本)講演論文要旨
会議情報

2019年度 宝石学会(日本) 一般講演要旨
アカサンゴとベニサンゴの硬度測定と拡大検査による識別の試み
*渥美 郁男小川 日出丸
著者情報
会議録・要旨集 フリー

p. 20

詳細
抄録

現在、日本においては先端技術による宝石サンゴの分類が行われている。ミトコンドリア遺伝子の塩基配列を解析した系統分類*1や ICP-MS などでサンゴの骨軸中の微量元素分析*2などによる分類も行われている。

そこで本研究は簡易的検査法で日本近海のアカサンゴと地中海のベニサンゴの判別法を模索した。特に両者の硬度違いと拡大検査に焦点を絞り、両者の比較が識別に利用ができるか検証を行なった。また特定の濃赤色を示すアカサンゴは日本のさんご業界では伝統的に「血赤サンゴ」と呼ばれている。それらの色範囲についても言及する。

著者関連情報
© 2019 宝石学会(日本)
前の記事 次の記事
feedback
Top