肺癌
Online ISSN : 1348-9992
Print ISSN : 0386-9628
全国集計よりみた肺癌の組織型別臨床統計
日本TNM分類肺がん委員会報告
吉村 克俊山下 延男
著者情報
ジャーナル フリー

22 巻 (1982) 1 号 p. 1-16

詳細
PDFをダウンロード (1631K) 発行機関連絡先
抄録

肺癌全国登録症例 (1975・76・77年次4,931例) について, 組織型別に観察した。男で扁平上皮癌が多く, 女で腺癌が多い。予後は腺癌が最もよく, 扁平上皮癌がこれに次ぐ.これらに比し小細胞癌, 燕麦細胞癌は著しく悪い.大細胞癌はその中間である.腺癌はIa期が多く, 治癒手術率も高いが放射線治療率は低く, 化学療法率, 免疫療法率は扁平上皮癌より高い.小細胞癌, 燕麦細胞癌はIII, IV期が大半を占め, 手術率は著しく悪い.放射線治療, 化学療法による率が高い.

著者関連情報
© 特定非営利活動法人 日本肺癌学会
次の記事

閲覧履歴
feedback
Top