高次脳機能研究 (旧 失語症研究)
Online ISSN : 1880-6554
Print ISSN : 1348-4818
ISSN-L : 1348-4818
シンポジウム : 失語の回復プロセス
発語の回復過程
—機能的 MRI を用いて—
三村 將
著者情報
ジャーナル フリー

2004 年 24 巻 4 号 p. 292-302

詳細
抄録

発語の回復過程に関与する脳内基盤を検討するため,健常者6名および非流暢型失語患者5名が語頭音による語想起課題を行っている間の機能的 MRI を撮像した。失語患者のうち1例は2時点で評価を行った。健常者では Broca野にもっとも強い賦活を認めたが,さらに周辺の左前頭前野・島回・前頭葉内側部・上側頭回などに有意な活動を認めた。一方,失語症例では共通して語想起中の Broca野や隣接する左前頭葉内の賦活が乏しかった。ことに経時的変化をみた症例では,発語の改善とともにBroca野とその周辺の賦活が顕在化しており,この領域の機能保持/機能回復が重要と推測された。この領域の機能保持/機能回復が不十分だと,右半球の言語野対応部位が賦活されてくる場合があるが,その代償機構は不完全であると思われた。失語の回復過程における機能的ネットワークの再構築は症例により異なっており,回復の差異に関与する要因を今後,経時的な機能画像で評価していくことが重要である。

著者関連情報
© 2004 一般社団法人 日本高次脳機能障害学会
次の記事
feedback
Top