高次脳機能研究 (旧 失語症研究)
原著
後出し負けじゃんけん時の補足運動野の役割
福永 篤志大平 貴之加藤 元一郎鹿島 晴雄河瀬 斌
著者情報
ジャーナル フリー

25 巻 (2005) 3 号 p. 242-250

詳細
PDFをダウンロード (1664K) 発行機関連絡先
抄録

後出し負けじゃんけんの「負けよう」とする認知的葛藤の脳基盤はいまだ明確ではない。今回われわれは, 右利き健常人9名に対し, 後出しじゃんけん (負けまたはあいこ) 負荷時に3テスラfMRIを撮像し, 安静時と比べて有意に検出されたBOLDシグナルの分布について検討した。結果は, 負け・あいこじゃんけんともに, 前頭葉, 後頭側頭野, 感覚運動野, 小脳半球, 補足運動野 (SMA) 等に有意なBOLDシグナルが検出された (corrected p<0.05)。また, 左手負けじゃんけんでは左SMAが, 左手あいこじゃんけんでは右SMAがそれぞれ強く賦活され, 右手負けじゃんけんでも左SMAの反応が強かった。以上の結果から, 左SMAがステレオタイプな動作を抑制する機能や葛藤条件の監視に関与していることが示唆された。

著者関連情報
© 2005 一般社団法人 日本高次脳機能障害学会 (旧 日本失語症学会)
前の記事 次の記事

閲覧履歴
前身誌

失語症研究

feedback
Top