高次脳機能研究 (旧 失語症研究)
Online ISSN : 1880-6554
Print ISSN : 1348-4818
ISSN-L : 1348-4818
シンポジウム III : 高次脳機能障害のアウェアネス awareness
高次脳機能とアウェアネス
苧阪 直行
著者情報
ジャーナル フリー

2012 年 32 巻 3 号 p. 427-432

詳細
抄録

アウェアネスは意識や注意と関連した何かに気づくという心の志向的な状態をさすことが多い。何に気づくかによって, アウェアネスは三つの階層に分けられよう。第一の階層は生物的な覚醒の階層であり, 第二の階層は, 外界の環境に気づいている心の状態であり, 運動的アウェアネスも第二の階層に含まれる。この段階以降のアウェアネスは選択性と容量制約という特徴をもつ。第三の階層は自己や他者の内部 (心) に気づいている心の状態であり, ここには心の理論などの社会的関係性の中での心の気づきが含まれる。このようなアウェアネスの三階層モデルは, 意識の三階層モデル (苧阪 1996) に基づくアウェアネスの位置づけである。本稿ではアウェアネスの三階層を意識の三階層と対応づけ, さらにワーキングメモリのモデルと対応させることを試みた。

著者関連情報
© 2012 一般社団法人 日本高次脳機能障害学会
前の記事 次の記事
feedback
Top