人間生活文化研究
Online ISSN : 2187-1930
ISSN-L : 2187-1930
報告
ユニバーサルファッションの設計・デザインに関する開発研究
大網 美代子小川 雄司武田 幸竹内 梓
著者情報
ジャーナル フリー

2014 年 2014 巻 24 号 p. 195-199

詳細
抄録

現在,流行により目まぐるしく消費される衣服がある一方,身体に障害のある人が欲しい衣服が手に入らないアパレル業界での現状が挙げられる.本稿は,身体の障害に対応した専用服ではなく,障害のある人から不満や不便さを学び,その対応を持った一般商品としての開発研究を目的とする.義足や車椅子を使用している人の要望を反映し,独自のアーカイブ資料を基にデザイン設計を行った.試着修正を行いファッションショーにおいて着装観察を行った.その結果,年齢や体型の違いに対応可能な衣服の提案ができた.また,車椅子に対応した機能は,誰にでも着用できる衣服となった.機能美を実現することで多くの人に手に取ってもらえる可能性があることがわかった.デザイン設計を均一化することで価格をおさえ,誰もが楽しめる衣服になると考える.研究の基礎段階は,学生と共に行っている.チームでコミュニケーションをはかり問題解決・課題に対する提案を行い主体的な学びを実践している.多くの方々とのかかわりによって教育効果も大きいと思われる.

著者関連情報
© 2014 大妻女子大学人間生活文化研究所
前の記事 次の記事
feedback
Top