日本造血細胞移植学会雑誌
Online ISSN : 2186-5612
症例報告
移植後難治性サイトメガロウイルス髄膜脳炎に対する非完全ヒト化免疫グロブリン髄注療法の有効性と問題点
大中 貴史北川 智也片山 映樹米澤 昭仁
著者情報
ジャーナル フリー

6 巻 (2017) 4 号 p. 162-165

詳細
PDFをダウンロード (1792K) 発行機関連絡先
抄録

 症例は53歳女性。2012年発症した急性型成人T細胞白血病(ATL)にてモガムリズマブ投与後,部分寛解の状態で骨髄非破壊的臍帯血移植を実施した。Day 22に生着を確認したが,同時に移植片対宿主病(GVHD)が出現した。プレドニゾロンの投与開始後,サイトメガロウイルス脳炎を発症した。抗ウイルス剤投与も無効で,非完全ヒト型免疫グロブリン製剤を髄腔内投与した。一過性に症状の改善及び髄液ウイルス量の低下を認めた。同治療は一時的には有効であるものの,さらなる検討が必要である。

著者関連情報
© 2017 一般社団法人 日本造血細胞移植学会
前の記事

閲覧履歴
feedback
Top