人と自然
Online ISSN : 2185-4513
Print ISSN : 0918-1725
ISSN-L : 0918-1725
新型コロナウイルス感染症拡大による 兵庫県下の博物館の臨時休館および再開館後の対策
ジャーナル オープンアクセス

2021 年 31 巻 p. 99-115

詳細
抄録

日本で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染者が確認された2020 年1 月から感染者数の増 大を経て小康状態に至った2020 年6 月下旬までの期間における,兵庫県下の97 館の博物館の臨時休館状 況と再開館後の感染症対策項目について,各館のホームページとソーシャルネットワーキングアカウント上 の情報を元に調査した.結果,臨時休館開始日は最も早い館で2 月26 日,最も遅い館で4 月24 日であり, 4 月7 日から4 月24 日に休館を開始した館が56 館と最も多かった.臨時休館日数は,最短で21 日,最 長で120 日,46 ~ 60 日間休館した館が32 館と最も多かった.再開館後の感染症対策項目で多くの館が 実施していたものは「マスク着用」,「体調不良・発熱する方の入館拒否」,「入口等でのアルコール手指消毒」, 「入館時の連絡先聴取」,「ソーシャルディスタンスの呼びかけ」,「混雑時の入場数制限」,「検温」だった.

© 2021 兵庫県立人と自然の博物館
前の記事
feedback
Top