保全生態学研究
Online ISSN : 2424-1431
Print ISSN : 1342-4327
調査報告
仙台の海岸に生息するタヌキの食性 -東北地方太平洋沖地震・津波後に復帰し復興事業で生息地が 改変された事例-
高槻 成紀岩田 翠平泉 秀樹平吹 喜彦
著者情報
ジャーナル 認証あり

2018 年 23 巻 1 号 p. 155-165

詳細
抄録

これまで知られていなかった東北地方海岸のタヌキの食性を宮城県仙台市宮城区岡田南蒲生と岩沼市蒲崎寺島のタヌキを例に初めて明らかにした。このタヌキは2011 年3 月の東北地方太平洋沖地震・津波後に回復した個体群である。南蒲生では防潮堤建造、盛土などの復興工事がおこなわれ、生息環境が二重に改変されたが、寺島では工事は小規模であった。両集団とも海岸にすむタヌキであるが、魚類、貝類、カニ、海藻などの海の生物には依存的ではなかった。ただしテリハノイバラ、ドクウツギなど海岸に多く、津波後も生き延びた低木類の果実や、被災後3 年ほどの期間に侵入したヨウシュヤマゴボウなどの果実をよく利用した。復興工事によって大きく環境改変を受けた南蒲生において人工物の利用度が高く、自然の動植物の利用が少なかったことは、環境劣化の可能性を示唆する。また夏には昆虫、秋には果実・種子、冬には哺乳類が増加するなどの点は、これまでほかの場所で調べられたタヌキの食性と共通であることもわかった。本研究は津波後の保全、復旧事業において、動物を軸に健全な食物網や海岸エコトーンを再生させる配慮が必要であることを示唆した。

著者関連情報
© 2018 一般社団法人 日本生態学会
前の記事 次の記事
feedback
Top