ホソカワ粉体工学振興財団年報
Online ISSN : 2189-4663
ISSN-L : 2189-4663
平成28年度 研究助成成果報告
金属製メッシュのIR透過特性を利用した粒度分布計開発
瀬戸 弘一
著者情報
研究報告書・技術報告書 フリー

2018 年 26 巻 p. 89-93

詳細
抄録

本研究では,数マイクロメートルの貫通孔が周期的に配置された金属メッシュデバイスを用いて,捕集された粒子を分光特性から定量する新規パーティクルカウンターを開発した.金属メッシュデバイスに穴よりも大きなラテックス粒子懸濁液を通液させると,ラテックス粒子濃度が高くなるにつれて金属メッシュデバイスの赤外光透過率が変化した.ラテックス粒子濃度および赤外光透過率変化量間には直線関係が確認できた.一方で,同じ金属メッシュデバイスに穴より小さなラテックス粒子懸濁液を通液させても捕集されないため,金属メッシュデバイスの赤外光透過率は変化しなかった.金属メッシュデバイスは,穴よりも小さな粒子が10倍量共存した懸濁液中からでも穴より大きな粒子のみを捕集・検出できた.穴径の異なる金属メッシュデバイスを複数枚積層させて粒子を通過させることで,篩分けと分光学的検出を一つのデバイスでこなす新規粒度分布測定が期待できる.

著者関連情報

This article is licensed under a Creative Commons [Attribution 2.1 Japan] license.
https://creativecommons.org/licenses/by/2.1/jp/
前の記事 次の記事
feedback
Top