ホソカワ粉体工学振興財団年報
Online ISSN : 2189-4663
ISSN-L : 2189-4663
平成28年度 研究助成成果報告
振動流動層を用いた凝集体形成に及ぼす粉体特性の影響
深澤 智典
著者情報
研究報告書・技術報告書 フリー

2018 年 26 巻 p. 120-124

詳細
抄録

振動流動場中における,凝集性の高い微小な粒子の凝集挙動を解析した.自作の振動流動装置を用いて,粉体層高さおよび圧力損失の経時変化から,Ergun式に基づく解析により凝集体サイズを求め,種々の粉体(ZnO,TiO2ルチル,TiO2アナターゼ)の凝集体形成挙動(経時変化)を評価した.本研究結果を基に,振動流動場中における微小粒子の凝集および破壊挙動の更なる解明が進むことが期待される.

著者関連情報

This article is licensed under a Creative Commons [Attribution 2.1 Japan] license.
https://creativecommons.org/licenses/by/2.1/jp/
前の記事 次の記事
feedback
Top