ホソカワ粉体工学振興財団年報
Online ISSN : 2189-4663
ISSN-L : 2189-4663
平成29年度 研究者育成のための援助成果報告
マイクロ波加熱式熱重量測定装置の開発と機能性粒子合成への利用
KARISMA Achmad Dwitama福井 国博
著者情報
研究報告書・技術報告書 フリー

2018 年 26 巻 p. 149-152

詳細
抄録

シングルモード型マイクロ波加熱熱重量測定装置を新規に開発し,種々の条件におけるCuOのマイクロ波吸収効率および誘電率損失の温度依存性が文献データと良好に一致していることを示すことで,その信頼性・有効性を明らかにした.また,マイクロ波加熱直接脱硝反応(MDD)法によるNiCuZnフェライトナノ粒子の合成法を検討し,磁気特性の優れたNi0.5Cu0.1Zn0.4Fe2O3が金属硝酸塩水和物溶液の混合物から合成できることを初めて明らかにした.

著者関連情報

This article is licensed under a Creative Commons [Attribution 2.1 Japan] license.
https://creativecommons.org/licenses/by/2.1/jp/
前の記事 次の記事
feedback
Top