園芸学研究
Online ISSN : 1880-3571
Print ISSN : 1347-2658
繁殖・育苗
低気温貯蔵中における短期間ボトムヒート処理によるナス接ぎ木挿し穂の発根促進
清水(丸雄) かほり渋谷 俊夫徳田 綾也子瓦 朋子杉脇 秀美
著者情報
ジャーナル フリー

7 巻 (2008) 1 号 p. 23-26

詳細
PDFをダウンロード (415K) 発行機関連絡先
抄録

ナス接ぎ木挿し穂の低温(5-10℃)貯蔵中に挿し穂下端部を温水に浸けるボトムヒート(BH)処理を行うことで,挿し木後の発根促進を試みた.ナス台木(Solanum torvum Sw.)挿し穂の挿し木後における根の成長は,BH処理温度26-31℃で最も促進され,その効果はBH処理期間が長くなるほど大きくなる傾向がみられた.BH処理を5日間継続したところ,処理開始4日目において貯蔵中に発根する挿し穂がみられた.発根した挿し穂は,挿し木する際に根を痛める可能性があることから,最適BH処理期間は3日間程度と考えられた.ナス接ぎ木挿し穂を貯蔵開始直後に処理温度27℃でBH処理を3日間行った結果,挿し木14日後おいて,BH処理した挿し穂の根部生体重はBH処理しなかった挿し穂の1.4倍,貯蔵せず直接挿し木した挿し穂の2.8倍であり,BH処理の効果が認められた.

著者関連情報
© 2008 園芸学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top