爬虫両棲類学雑誌
Online ISSN : 1883-4493
Print ISSN : 0285-3191
アズマヒキガエルの脱皮の長期間観察
田中 達弥
著者情報
ジャーナル フリー

1995 年 16 巻 1 号 p. 7-11

詳細
抄録

成体4匹を9年間屋外で飼育し,脱皮について観察した.春から秋までは,脱皮間隔は温度が高いほど短くなり,雌の脱皮間隔は雄に比べて短かった.加齢とともに脱皮間隔は長くなった。脱皮は相対湿度変化が大きい日に起きることが多く,また15時から21時の間に起きることが多かった.成体は冬眠中2-3回脱皮した.別に観察した1歳の幼若個体では脱皮回数は成体に比べて著しく多かった.

著者関連情報

この記事は最新の被引用情報を取得できません。

© 日本爬虫両棲類学会
前の記事 次の記事
feedback
Top