日本保健福祉学会誌
Online ISSN : 2424-0036
Print ISSN : 1340-8194
日本語版Rathus assertiveness schedule開発に関する研究
鈴木 英子叶谷 由佳石田 貞代香月 毅史佐藤 千史
著者情報
ジャーナル フリー

2004 年 10 巻 2 号 p. 19-29

詳細
抄録

本研究の目的は、日本語版RAS (Rathus assertiveness schedule)を作成し、その因子構造を評価することである。 RASは、Rathusによって開発されたアサーティブネス行動を測定するための尺度であり、欧米では広く使われている。そのRASをback-translationとともに日本語へ翻訳し、看護学生103人のサンプルで検討した。その結果、日本語版RASはテスト-再テスト法(r=0.86 p<0.01)及び折半法(r=0.72〜0.80 p<0.01)で信頼係数が高かった。日本語版RASのクロンバックの信頼係数は0.82〜0.84 (p<0.01)であり、内的整合性が高かった。因子分析では、7因子が抽出され、原版のRASとは、若干の違いがあったものの妥当性が高い可能性が示唆された。

著者関連情報
© 2004 日本保健福祉学会
前の記事 次の記事
feedback
Top