国際P2M学会誌
Online ISSN : 2432-0374
P2Mフレームワークを活用したスマートファクトリー人材育成プログラムの産学連携研究開発
中邨 良樹玉木 鉄也
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 12 巻 2 号 p. 38-49

詳細
抄録

日本の製造業は、世界の潮流であるIoTやIndustry 4.0の対応をスピーディに行わなければならない。そのためにハードウエア・ソフトウエアの知識だけでなく、データ分析能力、そしてその問題を解決する論理的思考まで、広範囲な知識を持つ人材を育成する必要がある。そのため青山学院ヒューマン・イノベーション・コンサルティング株式会社では、上記をプロデュースできる人材育成プログラムの研究開発を行っている。その人材育成プログラムにプロジェクト&プログラムマネジメント(P2M)を適用し進めてきた。そこで本研究の目的は、その概要を論じつつ、2016年3月より新設したスマートファクトリープロジェクトの具体的なカリキュラムや受講者像など論じる。最後に、P2M適用の成果と見えてきた課題を論じる。

著者関連情報
© 2018 International Association of P2M and Authors
前の記事 次の記事
feedback
Top