関西学院大学先端社会研究所紀要
Online ISSN : 2434-4613
Print ISSN : 1883-7042
研究ノート
南三陸町における東日本大震災の慰霊・追悼行事の調査記録
海・死者・震災といかに向き合うか
福田 雄
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 10 巻 p. 33-43

詳細
抄録

本稿は、宮城県南三陸町において行われた東日本大震災をめぐる慰霊・追悼行事の調査報告書の一部である。具体的には、東日本大震災発生から一年のあいだに開かれた慰霊・追悼行事の実施過程を、主に慰霊・追悼行事の企画・準備・実行に携わった人々へのインタビューや資料をもとに記述する。まずはじめに、慰霊・追悼行事の調査に至った経緯とその分析視角を提示する。次に実施した調査概要とともに、調査対象地である南三陸町について概説する。これらを踏まえたうえで、まず2011 年5 月11 日から四回にわたり行われた「南三陸の海に思いを届けよう」という催しを描き出し、震災から半年後に行われた「南三陸町東日本大震災慰霊祭」、および一年後に行われた「南三陸町東日本大震災追悼式」の実施過程を記述する。

著者関連情報
© 2013 関西学院大学先端社会研究所
前の記事 次の記事
feedback
Top