関西学院大学先端社会研究所紀要
Online ISSN : 2434-4613
Print ISSN : 1883-7042
論文
明治時代における女性と「不幸の共同体」
-婦人雑誌の投書から検討する-
矢﨑 千華
著者情報
キーワード: 投書, ナラティブ, 不幸, 共同体
ジャーナル フリー

2016 年 13 巻 p. 17-34

詳細
抄録

本稿では、明治時代後期において人びとがどのようにして「不幸」を受け入れていたのかを考察する。これまでの研究で対象とされてきたのは、立身出世や良妻賢母といったものにコミットできていた人びとであった。それに対して、本稿はそのようなものにコミットできる可能性の低い人びと──とくに女性──を研究するものである。明治時代後期の貧困や病気などの困難が常にある状況下において、どのようにして共同性が保持されていたのか。それは、そのような状況下にありながら、「不幸」を受け入れるという実践を通して達成されていたと考えられる。そこで、本稿では、当時の人びとの実践の残滓である婦人雑誌の投書を分析の対象とする。女性たちは、雑誌上でお互いに「不幸」を語り合うことを通じて、自分たちの「不幸」を受け入れていた。「不幸」の語り合いは他者と自身とをつなぎ、彼女たちを同じ現実を生きている「われわれ」として観念させる機能を果たしていたと考えられる。「われわれ」という意識は、同じ言語で同じような表現方法を習得することから生じる。女性たちも個々別々の「不幸」を同じような形式で語っていた。このような「われわれ」という概念から生じる連帯は「不幸の共同体」として捉えられることが示唆される。

著者関連情報
© 2016 関西学院大学先端社会研究所
前の記事
feedback
Top