IATSS Review(国際交通安全学会誌)
Online ISSN : 2433-4537
Print ISSN : 0386-1104
紹介
テレマティクスを活用した自動車保険
金子 敬行
著者情報
ジャーナル フリー

2019 年 43 巻 3 号 p. 171-180

詳細
抄録

近年のテレマティクスに係る技術の進展に伴い、損害保険の分野でも、かかる技術を商品・サービスに活用する取り組みが活発化している。本稿ではまず、運転者ごとの運転情報を基に保険料を算定する、いわゆる「テレマティクス自動車保険」(PAYD型およびPHYD型)について、欧米での取り組みや、わが国での検討・開発状況、普及に向けての課題等を概観する。その上で、保険会社がテレマティクスを保険契約者等に対するサービス提供に活用する取り組みが活発化しつつあることについて、近年のドライブレコーダーに対する需要の高まりにも触れつつ、三井住友海上の取り組みを例に概説する。

著者関連情報
© 2019 公益財団法人 国際交通安全学会
前の記事 次の記事
feedback
Top