IATSS Review(国際交通安全学会誌)
Online ISSN : 2433-4537
Print ISSN : 0386-1104
論文(査読)
高齢者の運転行動と事故・違反の特性に関する実証分析
栗山 湧気中村 彰宏坂口 利裕
著者情報
ジャーナル フリー

2019 年 43 巻 3 号 p. 190-196

詳細
抄録

交通事故死者数は減少傾向にあるが、近年は減少幅が縮小しており、とりわけ高齢ドライバーの事故率は高い。そこで本稿では、高齢ドライバーの運転上の特性を明らかにするため、全国のドライバー6,298名および神奈川県内の交通安全講習受講者等430名に対し、アンケート調査を実施し、決定木分析等により分析した。その結果、高齢者について、衰えを自覚しているドライバーの違反・事故歴が少ない点、適度に運転する者の人身事故率が少ない点、事故を起こすことを「恥ずかしい」と認識している者が運転を控えるように行動する点等を明らかにした。

著者関連情報
© 2019 公益財団法人 国際交通安全学会
前の記事 次の記事
feedback
Top