IATSS Review(国際交通安全学会誌)
Online ISSN : 2433-4537
Print ISSN : 0386-1104
ノート(査読)
Link and Place理論の街路交通マネジメントへの適用に関する基礎的研究
-英国におけるケーススタディから-
三浦 詩乃森下 恵介中村 文彦秋山 尚夫
著者情報
ジャーナル フリー

2020 年 45 巻 2 号 p. 154-163

詳細
抄録

本研究は、街路にプレイス機能を位置付けたLink and Place理論に関する基礎的研究である。国際的な街路空間再配分実務への理論の適用実態と理論の発展状況に関する文献およびヒアリング調査、ケーススタディを行った。プレイス機能への需要を解釈する上で、潜在需要と顕在需要を区別しながら、これらの分析を行い、日本の街路交通マネジメント実務への適用に向け、理論の改良方針を示した。具体的には、潜在需要の推定時に交通結節点の重みづけを行うこと、住宅地域において、滞在確率を顕在需要の指標とすることを提案した。

著者関連情報
© 2020 公益財団法人 国際交通安全学会
前の記事
feedback
Top