電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌)
Online ISSN : 1348-8155
Print ISSN : 0385-4221
<ソフトコンピューティング・学習>
人工市場を用いた値幅制限・空売り規制・アップティックルールの検証と最適な制度の設計
水田 孝信和泉 潔八木 勲吉村 忍
著者情報
ジャーナル 認証あり

133 巻 (2013) 9 号 p. 1694-1700

詳細
PDFをダウンロード (1434K) 発行機関連絡先
抄録

We built an artificial market model and compared effects of price variation limits, short sell regulations and up-tick rules. In the case without the regulations, the price fell to below a fundamental value when economic bubble bursts occurred. On the other hand, in the case with the regulations, this over-shooting did not occur and the market was more effective. However, the short sell regulation and the up-tick rule caused the trading prices to be higher than the fundamental value. To summarize these points, the price variation limits have the potential to make the market more effective. We also surveyed an adequate limitation price range and an adequate limitation time span for the price variation limit and found a parameters' condition of the price variation limit to prevent the over-shoots.

著者関連情報
© 2013 電気学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
ジャーナルのニュースとお知らせ
  • 【電気学会会員の方】購読している論文誌を無料でご覧いただけます(会員ご本人のみの個人としての利用に限ります)。購読者番号欄にMyページへのログインIDを,パスワード欄に生年月日8ケタ(西暦,半角数字。例:19800303)を入力して下さい。
ダウンロード
  • 論文(PDF)の閲覧方法はこちら
    閲覧方法 (389.7K)
関連情報

J-STAGEがリニューアルされました!  https://www.jstage.jst.go.jp/browse/-char/ja/

feedback
Top