電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌)
Online ISSN : 1348-8155
Print ISSN : 0385-4221
<システム・計測・制御>
特徴量遷移に着目したかご型誘導電動機における回転子バー折損に対する確率的診断
中村 久栄八神 佑輔荒木 千佳水野 幸男
著者情報
ジャーナル 認証あり

135 巻 (2015) 6 号 p. 679-685

詳細
PDFをダウンロード (20190K) 発行機関連絡先
抄録

In this paper, a new method is proposed to detect broken rotor bars in a cage induction motor. In this method, characteristic frequency components are extracted by a frequency analysis, and they are displayed on a two-dimensional feature distribution. Based on this feature distribution, a probability of broken rotor bar, which is used in the diagnostic indicators, is derived, and the condition of the rotor is diagnosed by the probability. The effectiveness of the proposed diagnosis method is verified by performing some experiments.

著者関連情報
© 2015 電気学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
ジャーナルのニュースとお知らせ
  • 【電気学会会員の方】購読している論文誌を無料でご覧いただけます(会員ご本人のみの個人としての利用に限ります)。購読者番号欄にMyページへのログインIDを,パスワード欄に生年月日8ケタ(西暦,半角数字。例:19800303)を入力して下さい。
ダウンロード
  • 論文(PDF)の閲覧方法はこちら
    閲覧方法 (389.7K)
関連情報

J-STAGEがリニューアルされました!  https://www.jstage.jst.go.jp/browse/-char/ja/

feedback
Top