電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌)
Online ISSN : 1348-8155
Print ISSN : 0385-4221
黒目径を基準とした自動焦点補正機能を搭載した瞳孔計測システム
飯島 淳彦南谷 晴之灰田 宗孝石川 則夫太田 善久植野 彰規西村 実篠原 幸人
著者情報
ジャーナル フリー

122 巻 (2002) 9 号 p. 1651-1657

詳細
PDFをダウンロード (1358K) 発行機関連絡先
抄録

We developed a new measurement system of pupil area with camera position adjustability using iris diameter, which size is constant regardless of automatic nervous system. The camera probe consists of a small CCD camera, infrared LEDs, and a stepping motor. The motor can adjust camera position to an optimum distance in order to get sharp eye images. Pupillary response to cholinergic antagonist was a diagnostic method for Alzheimer's disease. It is very important for diagnosis of dementia to analyze pupil size precisely. We used the new detection system for the pupil test. In this study, we evaluated the auto focus function by detecting model eyes and patients' eyes. The results by using this system show that the proposed system can measure pupil area accurately.

著者関連情報
© 電気学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
ジャーナルのニュースとお知らせ
  • 【電気学会会員の方】購読している論文誌を無料でご覧いただけます(会員ご本人のみの個人としての利用に限ります)。購読者番号欄にMyページへのログインIDを,パスワード欄に生年月日8ケタ(西暦,半角数字。例:19800303)を入力して下さい。
ダウンロード
  • 論文(PDF)の閲覧方法はこちら
    閲覧方法 (389.7K)
関連情報

J-STAGEがリニューアルされました!  https://www.jstage.jst.go.jp/browse/-char/ja/

feedback
Top