電気学会論文誌D(産業応用部門誌)
Online ISSN : 1348-8163
Print ISSN : 0913-6339
論文
PWMインバータとリニアアンプの励磁電源による鉄損・磁気特性の差異
藤﨑 敬介山田 諒日下部 隆弘
著者情報
ジャーナル 認証あり

133 巻 (2013) 1 号 p. 69-76

詳細
PDFをダウンロード (2586K) 発行機関連絡先
抄録

Iron loss in two kinds of electrical steel, which have the same iron loss in case of conventional linear amplifier excitation but different thickness, is found to have a difference of 10%-20% in case of PWM inverter excitation, which is often used in a motor drive control system. The PWM inverter has many time harmonics in the output voltage, whereas the linear amplifier does not. The difference in iron loss is not always ignored while considering the electrical steel grade in commercial catalogs and the JIS (Japanese Industrial Standards). Since the iron loss also increases by about 10%-60% in PWM inverter excitation, a material evaluation system and a method for reducing iron loss are considered to be important.

著者関連情報
© 2013 電気学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
ジャーナルのニュースとお知らせ
  • 【電気学会会員の方】購読している論文誌を無料でご覧いただけます(会員ご本人のみの個人としての利用に限ります)。購読者番号欄にMyページへのログインIDを,パスワード欄に生年月日8ケタ(西暦,半角数字。例:19800303)を入力して下さい。
ダウンロード
  • 論文(PDF)の閲覧方法はこちら
    閲覧方法 (389.7K)
関連情報

J-STAGEがリニューアルされました!https://www.jstage.jst.go.jp/browse/-char/ja/

feedback
Top