電気学会論文誌D(産業応用部門誌)
Online ISSN : 1348-8163
Print ISSN : 0913-6339
論文
新しいフラックスバリア形状による位置センサレス駆動集中巻IPMSMのトルク脈動低減設計
加納 善明小坂 卓松井 信行中西 俊人
著者情報
ジャーナル 認証あり

135 巻 (2015) 6 号 p. 725-733

詳細
PDFをダウンロード (3485K) 発行機関連絡先
抄録

This paper presents a torque ripple reduction design of a concentrated-winding IPMSM with a new flux barrier for saliency-based sensorless drives. The proposed IPMSM is designed for use in general-purpose sensorless industrial drives. In order to reduce torque ripple, its rotor employs a V-shape-magnet arrangement and circular flux barrier which is placed at the center of a rotor yoke between N- and S-poles. A 45-Nm 5.5-kW IPMSM is manufactured as a prototype in order to confirm the design validity, and experimental studies using the prototype demonstrate the expected drive characteristics and validate the proposed design procedure.

著者関連情報
© 2015 電気学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
ジャーナルのニュースとお知らせ
  • 【電気学会会員の方】購読している論文誌を無料でご覧いただけます(会員ご本人のみの個人としての利用に限ります)。購読者番号欄にMyページへのログインIDを,パスワード欄に生年月日8ケタ(西暦,半角数字。例:19800303)を入力して下さい。
ダウンロード
  • 論文(PDF)の閲覧方法はこちら
    閲覧方法 (389.7K)
関連情報

J-STAGEがリニューアルされました!https://www.jstage.jst.go.jp/browse/-char/ja/

feedback
Top