電気学会誌
Online ISSN : 1881-4190
Print ISSN : 1340-5551
解説
ファインバブル技術とその開発動向
─半導体洗浄,ウェーハ搬送,植物工場等─
矢部 彰
著者情報
ジャーナル 認証あり

2018 年 138 巻 7 号 p. 430-434

詳細
抄録

1.はじめに

ファインバブル技術は,従来は,数十ミクロン以下の小さい気泡直径の主に空気泡を使って,池や河川の環境浄化や鉱山で金属を採掘する浮遊選鉱法等に利用されてきた技術であるが,近年,注目されてきている理由は,裸眼で見えない直径1 μm未満の空気のウルトラファインバブル

著者関連情報
© 2018 電気学会
前の記事 次の記事
feedback
Top