電気学会誌
Online ISSN : 1881-4190
Print ISSN : 1340-5551
ISSN-L : 1340-5551
─高周波電源コンポーネンツの最前線─
高密度化に向けた回路・実装技術の開発
渡邉 俊之鈴木 健一
著者情報
ジャーナル 認証あり

2019 年 139 巻 2 号 p. 92-97

詳細
抄録

1.はじめに

電力消費量の増加,エネルギーコストの上昇への対策が喫緊の社会課題となる中,省エネ性能に優れた給電インフラの実現が求められている。特に通信ビル・データセンターではIoTやクラウドによるデータ量の増大により,消費電力量は今後も増加予想となっており,高効率化が必

著者関連情報
© 2019 電気学会
前の記事 次の記事
feedback
Top