電氣學會雜誌
Online ISSN : 2187-6797
Print ISSN : 0020-2878
ISSN-L : 0020-2878
廻轉變流機と水銀整流器との比較
丸山 肇
著者情報
ジャーナル フリー

1925 年 45 巻 448 号 p. 1074-1093

詳細
抄録

本篇に於ては使用上の見地より、内容目次に示す如き順序に依り、廻轉變流機と水銀整流器との長短得失を比較し、且つ多少の論評を試みたり。定格の根本的相違は設備容量の選定、能率の比較價格の比較に於ける基礎的條件なるを以て容量率を考慮すべきを力説したり。300K.W.500K.W.760K.W.1000K.W.各600V及び1500Vに於ける能率を比較對照し、且つ此能率の由來する理由を説明し、現今に於ける廻轉變流機は能率を第一義に置き設計したるものにあらざるを以て若し必要とあらば改善の餘地あることを指摘したり。力率の問題は全送電系の總合能率に至大の關係あるが故に最も愼重に考慮すべきものなるを述べ、床面積は實測表を具して兩者を比較對照し、又運轉上に於ける諸種の問題に亘りて比較論評し、最後に結論として、要するに兩者の對比は極めて複雜錯綜したる問題にして卒かに甲が勝り乙が劣ると斷ずべからず、各種の項目に亘りて詳細に對照研究したる上にて、其撰擇を決定すべきものなるを述べ、卷未に比較對照一覧表を掲げたり.

著者関連情報
© 電気学会
前の記事
feedback
Top