電氣學會雜誌
Online ISSN : 2187-6797
Print ISSN : 0020-2878
ISSN-L : 0020-2878
Televisionの實驗
高柳 健次郎
著者情報
ジャーナル フリー

1928 年 48 巻 482 号 p. 932-942

詳細
抄録

論文は昭和二年十月より昭和三年四月までになしたTelevisionの實驗報告である。此のTelevision方式に於いては送像所にNipkow廻轉圓板を像の分解器として用ひ、受像所にブラウツ管を使用し兩所の同期運轉には特殊の同期裝置を用ひた。
受像はブラウン管の螢光板上約4cm.平方の大きさに現れ其のPicture elementの數は約1600個である。結果は附加された寫眞により例示されて居るが、人の顏が、目、口、鼻と充分見分けられるも未だ誰人かは想像により辛じて知らるる程度であった。

著者関連情報
© 電気学会
前の記事 次の記事
feedback
Top