電氣學會雜誌
Online ISSN : 2187-6797
Print ISSN : 0020-2878
ISSN-L : 0020-2878
火花の遅れ(第四報)(1)
鳥山 四男
著者情報
ジャーナル フリー

1929 年 49 巻 490 号 p. 569-577

詳細
抄録

本研究に於ては火花の遲れ第三報に於て用ひた、表面電荷圖を應用する方法を用ひ、衝撃比を測定し火花の遲れを比較した。
球形電極と直列にインダクタンス又は抵抗を入れ、衝撃比を測定した。球形電極の兩端の衝撃比はインダクタンス又は抵抗の無い場合より小であるが、インダクタンス又は抵抗を含んだ全體の衝撃比は非常に大である。
次に半球電極又は針状電極を用ひ、變壓器油の衝撃比を測定した。半球電極の場合の衝撃比は約2以上で、針状電極を用ひた場合の衝撃比は約1.5以上である。

著者関連情報
© 電気学会
前の記事 次の記事
feedback
Top