医学図書館
Online ISSN : 1884-5622
Print ISSN : 0445-2429
「東京医事新誌」-明治初期の医学雑誌についての考察
近藤 禧〓男
著者情報
ジャーナル フリー

1973 年 20 巻 2 号 p. 141-152

詳細
抄録

我国の医学雑誌の草分けである東京医事新誌は明治10年に創刊され, 昭和35年に廃刊になるまで日本の医学雑誌の中心的存在であった。とりわけ, 初期の東京医事新誌は医学の発達と深く関係をもって創刊され, 発行されていった。
明治維新後の文明開化による西洋医学の紹介は各種の医学雑誌を通じて行われたが, 東京医事新誌は創刊者太田雄寧の我国医学の発展を願って欧米に比すべき雑誌として創刊された。医学の無秩序時代といわれた明治初期において「衛生局録事」を始めとする官令を載せ医学情報・医事衛生を普及すると共に, 西洋医学, 特に英米の医学を紹介し我国の医学の指標となった。また, 医学雑誌として, 年間の医事のまとめ, 総目次, 通し頁, 特集号など医学雑誌の基本を採用し, 我国の医学雑誌に大きな影響を及ぼした。

著者関連情報
© 特定非営利活動法人 日本医学図書館協会
前の記事 次の記事
feedback
Top