画像電子学会誌
Online ISSN : 1348-0316
Print ISSN : 0285-9831
ISSN-L : 0285-9831
論文(資料)
“TOWADA: THE WONDERLAND” 十和田市現代美術館プロジェクションマッピング
迎山 和司
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 46 巻 1 号 p. 152-159

詳細
抄録

構造物の形に沿って映像を投影するプロジェクションマッピング(PJM)は今日では広く認知されるようになった.特に日本では東京駅舎のPJMを皮切りに全国各地で積極的に行われている.なぜなら,屋外建築へのPJMは集客効果が高いとされているからである.本作品も同様の効果を期待されて,青森県十和田市の催事の一つとして企画された.場所は十和田市現代美術館である.作品は2015年11月21日と22日の2日間に上映されイベント全体でおよそ8500人の鑑賞者を得た.本論文は映像表現・芸術科学フォーラム2016にて上映された本作品の制作過程を記述したものである.同様の企画を実現するための参考になるように,映像制作の具体例として,発表に至るまでの過程とその結果について報告する.

著者関連情報
© 2017 一般社団法人 画像電子学会
前の記事 次の記事
feedback
Top