育療
Online ISSN : 2436-5602
Print ISSN : 1881-5391
小児がん啓発人形劇が教員養成課程所属学生の想起する復学支援に及ぼす効果
永井 祐也岡田 光代永井 絵莉子田中 賀陽子小田 真弓武田 鉄郎
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2020 年 67 巻 p. 31-40

詳細
抄録

本研究では,教員養成課程に所属する大学生が小児がん啓発人形劇の映像の鑑賞により,小児がんに対する知識と担任教員として行いたいと考える支援内容に変化が見られるのかを明らかにし,養護教諭 養成課程における人形劇鑑賞の位置づけや活用方法を検討した。一般化線形混合モデルによる分析の 結果,小児がん啓発人形劇が大学生の小児がんに対する知識を高め,復学に向けた支援内容をより一層 想起させることが示された。とりわけ,地元校とのつながりの維持,クラスメートヘの働きかけといっ た支援の想起率が向上した。このことから,小児がんに罹患した児童生徒の復学支援に関する授業を教 員養成課程等で取り扱う際に,導入の一方法として,人形劇の映像を鑑賞させることが有効である可能 性が示唆された。さらに,養護教諭養成課程における特別の支援を必要とする幼児,児童及び生徒に 対する理解の科目において,復学支援の内容や協働・連携の在り方を学ぶ必要性を論じた。

著者関連情報
© 2020 一般社団法人 日本育療学会
前の記事 次の記事
feedback
Top