J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

第1回日本LCA学会研究発表会(会場:産業技術総合研究所)
セッションID: E2-17

記事言語:

http://doi.org/10.11539/ilcaj.2005.0.102.0

-座長:近藤 康之・横山 一代-
主催: 日本LCA学会
  • 抄録

詳細なLCA等の実施にはコストや時間がかかるといった問題認識から、これまでにいくつもの簡易評価手法が提案されている。本研究では、LCA、リスク評価、環境アセスメント、政策評価の4分野における簡易手法をレビューして手法の類型化を行うとともに、簡易であることの得失やその種類を考察した。また、評価のライフサイクルをふまえつつ、異なる評価目的の下での評価手法の利用について考察した。

Copyright © 2005 日本LCA学会

記事ツール

この記事を共有