情報プロフェッショナルシンポジウム予稿集
第7回情報プロフェッショナルシンポジウム
会議情報

B21
図書館業務および図書館システム統合の成功事例
—原子力二法人の統合による図書館員の経験から—
*武田 志穂米澤 稔深澤 剛靖清藤 妙子小野瀬 貴利皆川 隆司横山 大輔
著者情報
会議録・要旨集 フリー

p. 95-99

詳細
PDFをダウンロード (236K) 発行機関連絡先
抄録

独立行政法人日本原子力研究開発機構は2005年10月に日本原子力研究所と核燃料サイクル開発機構を廃止、統合して発足した国内最大規模の原子力研究開発機関である。旧二法人はそれぞれが異なる組織体制・運営方法で図書館業務を行い、図書館システム、所蔵目録データベースを独自に整備・運用していたが、統合を機に施設やシステム等の統合を実施し、一元的な組織・体制の下で図書館運営を実施する体制を整え、業務の効率化を図ることができた。本報告では二法人の図書館業務・システム・データベースの統合に係る経験、各種システムの概要について報告する。

著者関連情報
© 2010 独立行政法人 科学技術振興機構
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top