情報プロフェッショナルシンポジウム予稿集
第10回情報プロフェッショナルシンポジウム
会議情報

B11
バイオサイエンスデータベースセンターのオントロジー整備の取り組み
— データベース統合の実現に向けて —
*櫛田 達矢金 進東
著者情報
会議録・要旨集 フリー

p. 19-23

詳細
PDFをダウンロード (736K) 発行機関連絡先
抄録

バイオサイエンスデータベースセンターはライフサイエンスデータベース統合推進事業として基盤技術開発、統合化推進の 2 種類のプログラムを実施し、データ統合に必要な技術開発および分野別のデータベース統合を行っている。中でもデータの RDF 化およびオントロジー構築をその主要技術として位置づけ、積極的な研究開発および整備を進めている。今回は、本事業で開発がされている MEO(微生物およびメタゲノムオントロジー)、INSDC オントロジー(国際塩基配列データベースの RDF 化のためのオントロジー)、また、オントロジーを用いたマウス表現型データの国際標準化の取り組みや、生体高分子の立体構造の RDF データで用いられているオントロジー、および国際的なオントロジーレポジトリー BioPortal に登録されているオントロジーの二次利用を促進するオントロジー構築支援ツール OntoFinder/OntoFactory などを紹介する。

著者関連情報
© 2013 独立行政法人 科学技術振興機構
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top