情報プロフェッショナルシンポジウム予稿集
第11回情報プロフェッショナルシンポジウム
会議情報

C33
MeSH Terms 再索引に関する調査と考察:
MeSH 2014 年版に追加された Levofloxacin に関して
*井上 彰
著者情報
会議録・要旨集 フリー

p. 173-178

詳細
PDFをダウンロード (472K) 発行機関連絡先
抄録

 医学や薬学を中心としたライフサイエンス分野の情報を調査する上で、MEDLINE は重要な書誌データベースの一つである。MEDLINE に登録されている文献情報には、書誌事項や著者抄録といった論文そのものの情報の他に、MEDLINE を作成・管理する米国国立医学図書館の索引作業者により論文全文中から、論文の主題要素に注目した索引用語 MeSH(Medical Subject Headings)が付与されている。よって書誌事項や著者抄録に記載のない項目であっても、論文が主題とするテーマについて検索が可能となっている。また同義語などの用語の揺らぎを吸収する役割もある。MeSH は通常毎年更新され、9 月頃に次年の MeSH が公開され、年末までに最新の MeSH への反映作業(リロード)が行われる。MeSH を利用した検索を行う際には、MeSH の更新は重要な要素となる。
 今回、2014 年版 MeSH に新規追加された Levofloxacin とリロードによる挙動について興味深い現象に遭遇したので、調査した内容を報告する。

著者関連情報
© 2014 独立行政法人 科学技術振興機構
前の記事

閲覧履歴
feedback
Top