J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

第12回情報プロフェッショナルシンポジウム
p. 25-28

記事言語:

http://doi.org/10.11514/infopro.2015.0_25

B12
主催: 国立研究開発法人 科学技術振興機構
一般社団法人 情報科学技術協会

 学術論文流通のためのXML規格JATSは、国内電子ジャーナル・プラットフォームJ-STAGEでも採用されるなど、国際的に普及している。このJATSをベースとして、学術書籍を記述できる規格Book Interchange Tag Suite (BITS) が最近バージョン1.0として米国国立医学図書館 (NLM) より公開された。日本・韓国・中国などの書籍は、奥付など欧米の書籍と異なる慣習がある。また索引にも和文索引・欧文索引・混合索引などさまざまな形式があり、これらをXMLで適切に記述するためにはBITSの拡張が必要なので、検討して提案をおこなった。さらに、BITSの要素 (タグ) はJATSとの整合性を重視するあまり、論理的に問題あるレガシー要素名が見られるので、その改良も提言した。

Copyright © 2015 国立研究開発法人 科学技術振興機構

記事ツール

この記事を共有