J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

第13回情報プロフェッショナルシンポジウム
セッションID: B13

記事言語:

http://doi.org/10.11514/infopro.2016.0_31

B13
主催: 国立研究開発法人 科学技術振興機構
一般社団法人 情報科学技術協会
会議情報
会議名: 第13回情報プロフェッショナルシンポジウム
回次: 13
開催地: 東京都千代田区(国立研究開発法人 科学技術振興機構 東京本部別館)
開催日: 2016/12/01 - 2016/12/02

学術論文のXML標準規格であるJournal Article Tag Suite (JATS)は、わが国でも国立研究開発法人科学技術振興機構 (JST) の運営するJ-STAGEでも採用されるなど国際的に広く使われている。英語では文字修飾として太字、イタリック、下線、小型英大文字などがあり、JATSに採用されているが、これらは他言語の記述には不適当な場合が多い。またこれらは学術用語など特定の意味を持って書かれることがあるが、こうした「意味」については分けて記述することが好ましい。このことから、われわれJATS規格検討分科会では、「セマンティック」 ‹semantic› と「強調」 ‹emphasis› の2種類の新しいタグ (要素) を提案した。

Copyright © 2016 国立研究開発法人 科学技術振興機構

記事ツール

この記事を共有