測位航法学会論文誌
Online ISSN : 2185-2952
論文
GPS衛星の軌道予測に関する研究
肖 岑樊 春明高須 知二上野 公彦安田 明生
著者情報
キーワード: GPS, TTFF, 軌道予測, 誤差要因
ジャーナル フリー

2 巻 (2011) 1 号 p. 1-6

詳細
PDFをダウンロード (510K) 発行機関連絡先
抄録

本研究では受信機が測位に必要な時間TTFF (Time To First Fix) を短縮するために,新しい航法メッセージを受信せずに,過去の航法メッセージを初期値として使う衛星位置予測法を提案する.測位衛星の位置予測結果に対して,精密暦で求められた衛星位置を用いて予測精度を評価した上で,最適な摂動モデルを決定する.実験により,全衛星に対して,地球ポテンシャルモデルをJGM-3モデルで次数が8次,太陽輻射圧のモデルがGSPMモデルでのシミュレーション結果から,72時間以内の衛星軌道予測によるユーザー視線方向のレンジ誤差が約90m以内になっていることが確認され,提案した予測法の有効性が示された.

著者関連情報
© 2011 一般社団法人 測位航法学会
次の記事

閲覧履歴
feedback
Top