医療
Online ISSN : 1884-8729
Print ISSN : 0021-1699
ISSN-L : 0021-1699
気管切開時の舌骨下筋群の一部切断により誤嚥の改善が期待された2例
武久 政嗣三好 孝典橋口 修二野崎 園子
著者情報
キーワード: 唾液誤嚥, 気管切開
ジャーナル フリー

2008 年 62 巻 12 号 p. 689-692

詳細
抄録

呼吸障害と嚥下障害を併発する症例に対し気管切開の際に舌骨下筋群の切断を追加した結果, 唾液誤嚥が軽快する可能性が示唆された. 舌骨下筋群の切断は嚥下機能改善手術の補助的手術として他の方法に併用される場合が多いが, 単独施行の場合は手術侵襲が少ない利点がある. 今回の検討では舌骨下筋群の切断が単独でも唾液誤嚥に対し有効であると思われた. 以上より本術式は, 嚥下困難をきたしかつ気管切開の必要な症例における唾液誤嚥の軽減に有効と考えられた.

著者関連情報
© 一般社団法人国立医療学会
前の記事 次の記事
feedback
Top