医療
Online ISSN : 1884-8729
Print ISSN : 0021-1699
パーキンソン病患者の慢性疼痛について
湯浅 龍彦米谷 富美子角田 博西澤 舜一
著者情報
ジャーナル フリー

2008 年 62 巻 7 号 p. 381-385

詳細
抄録

パーキンソン病にともなう慢性疼痛の実態を知る目的で, 千葉県パーキンソン病友の会会員にアンケート調査を実施した.
108件の有効回答中, 3カ月以上続く慢性疼痛を有す者は69名(64%)であった. 自覚症状は, 腰痛が最多であり, 肩こり, 関節痛, 手足のしびれ, 手足の痛みなどがそれに続いた. 痛みの性状は, 鈍痛や締め付けなどが90件, びりびりや電撃痛などが46件であった. 痛みの強さでは, きわめて強い痛みを9名(8%)が訴え, 痛みのために不眠になる者が約半数にみられた. 線維性筋痛症の診断基準とされる11カ所以上の圧痛点を有す者は3名(2.7%)であった. 6割の患者では抗パーキンソン薬で痛みが軽快した.
今後, パーキンソン病の慢性疼痛の要因を明らかにし, それぞれの原因に沿った治療法の確立が望まれる.

著者関連情報
© 一般社団法人国立医療学会
前の記事 次の記事
feedback
Top