日本画像学会誌
Online ISSN : 1880-4675
Print ISSN : 1344-4425
論文
塗布プロセスにより製膜した金属酸化物を有する有機発光ダイオードの作製
高田 誠古田 卓小林 隆史永瀬 隆品川 勉伊﨑 昌伸内藤 裕義
著者情報
ジャーナル 認証あり

55 巻 (2016) 1 号 p. 3-8

詳細
PDFをダウンロード (1031K) 発行機関連絡先
抄録

塗布プロセスにより製膜した酸化チタン (TiO2) および酸化亜鉛 (ZnO) に電子注入層,発光層にPoly (9, 9-dioctylfluorene-alt-benzothiadiazole) (F8BT) を用いた逆構造有機発光ダイオード (inverted organic light-emitting diodes : iOLEDs) を作製した.TiO2薄膜はスプレー法により作製し,このTiO2薄膜を有するiOLEDsは,これまで報告されている同様な素子構造有する素子と同程度の特性が得られた.一方,ZnO薄膜は水溶液電解法により製膜し,このZnO膜をiOLEDsに適用した.その結果,これまで報告されているスプレー法により製膜したZnO膜を用いたiOLEDsと同程度の特性が得られており,水溶液電解法によるZnO膜がiOLEDsに適用可能であることを示した.さらに,TiO2またはZnOを有するiOLEDsの発光輝度の比較から,水溶液電解法によるZnO膜の電子注入特性がスプレー法によるTiO2膜よりも良好であることが分かった.

著者関連情報
© 2016 一般社団法人 日本画像学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top