日本画像学会誌
Online ISSN : 1880-4675
Print ISSN : 1344-4425
Imaging Today
インクジェット技術によるペーパーマイクロ流体デバイスの開発
石井 政憲城戸 滉太太田 力柴田 寛之山田 健太郎鈴木 孝治チッテリオ ダニエル
著者情報
ジャーナル 認証あり

55 巻 (2016) 1 号 p. 94-105

詳細
PDFをダウンロード (2634K) 発行機関連絡先
抄録

患者のすぐそばで行える医療診断 (その場診断) が重要であるという考えが,臨床現場において普及しつつある.近年,マイクロ流路を紙の上に設けることで,コストやユーザーの負担を抑えながら,実用に即した分析ができる検査チップを開発する研究が世界的に盛んである.2007年,Whitesidesらにより提唱されて以来注目を集め,現在ではmicrofluidic paper-based analytical devices (μPADs) の呼称が定着している.マイクロ流路と身近な素材である紙の組み合わせにより,複雑な操作を伴う分析や多重項目測定を,比色法や蛍光法,電気化学的手法などを用いて,低コストかつ簡便に行えるμPADsが数多く開発されている.μPADsは基材が紙であることから,主に印刷による作製技術が進歩を見せている.中でも,様々なデバイス生産で工業的にも活躍しているインクジェット技術が,μPADsの大量生産や機能性付与が可能なアプローチとして着目されている.本稿では,将来の実用化に期待の集まるμPADsの製作技術や応用例の現状について,特に汎用性の高いインクジェット技術に焦点を当てながら解説する.

著者関連情報
© 2016 一般社団法人 日本画像学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top